紙の海にぞ溺るる

或は、分け入つても分け入つても本の山

最後のシュミテン

 4月から生活のリズムが大幅に変わるのに際して、古書展の初日にならぶのは当面できなくなりそうなので、心境としては最後のシュミテンであった。9時半ごろ列に加わるが、ふだんより人はすくなめな印象。20番くらいであろうか。ほぼ10時ジャストに扉が開き、荷物を預け次第入場していくスタイルなので少し出遅れ気味であった。

 例によって面陳が多めではあるが、その面陳もなかなか粒ぞろい、というか蒐集し始めの例えば4年前とかだったらあれもこれも買っていたに違いない本ばかりである。長田幹彦『紅夢』2500円とか、家蔵本よりきれいなので悩んだけど欲しい人もあるだろうしと見送ったりした。大佛次郎がやたらにあったりプロ文がぽろぽろあったり、全体に見ごたえがあるのはさすがである。

 

森鴎外『我一幕物』(籾山書店)大元年8月15日函, 橋口五葉装 2500円

 売っていたらとりあえず買ってしまう胡蝶本。函付きでの入手は3タイトル目だったか、まだまだである。本書も裸ならずいぶんまえにセロテープで無惨に補修されたものを300円で買っていたけれども、やはり完本はよい。函背はパリパリに劣化していて、剥がれ落ちてしまうのをどうにか直しつつグラシン掛けしたが、本冊はまずまずの状態。

 

泉鏡花『銀鈴集』(隆文館)明44年10月1日, 橋口五葉装 2000円

 ———『番町夜講』改造社)大13年12月30日, 小村雪岱装 1000円

 鏡花のこのへんも、完本じゃなくていいから欲しいと思っていたところ、この安値ならありがたい。というか『番町夜講』はまだしも、『銀鈴集』はふつうならば私などに手の届くべくもないランクの本である。シミとかムレがあっても関係ないが、『番町夜講』の見返し木版画は悪くない状態だった。

 

③『帝国文学 10巻1号』(大日本図書)明37年1月10日 1500円

 漱石の初出誌である。本書に収録されているのは「マクベスの幽霊に就て」。地味だけれども、服部徹也論文によると漱石が帝大時代に発表した唯一の学術論文だという。正直なところ『文学論』と同じように難解で内容の理解は出来そうにないので、まあ雑誌の現物を手に取って当時の雰囲気を知るために買ったようなものだ。

 

石原慎太郎『光より速きわれら』(新潮社)昭51年1月15日カバ献呈署名, Hans Bellmer装画 500円

 田中康夫『なんとなく、クリスタル』河出書房新社)昭56年1月20日初版カバ署名, 平塚重雄装 800円

 今日の棚にはちょこちょこ白っぽい文芸書が紛れていて、抜いてみると予想通り大半が署名本であった。とはいってもみんな基本的には黒っぽい本に夢中だから、2日目とかまで持ち越した在庫も少なくなかったようだ。『なんとなく―』は400を超える注釈が作者によって付されている本として、元版で欲しいと思っていた。

石原のは川村二郎宛で、調べると川村は鏡花愛好家だったらしいから、もしかしたら今日買った鏡花本も川村旧蔵だったりするかもしれない。

 

正宗白鳥『人を殺したが』(聚芳閣)大14年10月15日, 石井鶴三装 2500円

 場が飽和しかかった頃にタスキコーナーを流していて目についた本。これは確か探偵小説ではなかったか、と確保しておいたが果たしてその通りであった。これを見たのはさいたま文学館江戸川乱歩と猟奇耽異」展でのことで、当該図録を見返すと乱歩も愛読していたらしいが、わりと珍しい本ではないかと思う。もっとも本作は近年、山前譲編『文豪たちの妙な話』に収録されている。

 

 全部で3万円弱くらい。最後であろうし、いろいろと買ってしまったかっこうである。で、帰りにその足で古書通信社へ。

 

川島幸希編著『太宰治「晩年」の署名本』日本古書通信社)令5年3月20日限100部 20000円

 川島氏の新刊である。太宰の原点にして頂点とも言うべき『晩年』の署名本は、その識語が味わい深く面白いというのは古本好き・太宰好きにはおなじみである。本書には川島氏の架蔵にかかる署名本に加え、各公共機関や個人が所有する署名本、さらには現存不明なるも過去の古書目録などで画像が確認できるものまでが可能な限りカラーで掲載され、『晩年』の署名本に関しては間違いなく一番詳しい本となっている。てっきり『署名本三十選』のように小型の本を想像していたのだが、手に取ってみるとかなり大きい。おかげでページ一杯に印刷された署名ページは原寸大に近くなっているので、ライブ感が楽しい。

 解説もあっさりと短いながら詳しく、わりと知ったつもりになっていたが聞いたことのない識語・献呈先もあったりして勉強になることこの上なかった。よりマニア的には、それぞれの署名本の表紙画像まで付されているのがうれしかった。現存の状態がどんなものであるかというのは、受け取った人物が『晩年』をどう扱ったかというのがうかがえたりするので、実は研究対象としてチェックすべき項目ではないかと思ったりする。ともかく太宰好きは必携である。